「痩せたいのに晩酌がやめられない

「ダイエット中だけど、職場の飲み会は断れない!」

と、お困りの方に朗報です。

ダイエットをしていても、お酒は飲めます!

なんとなく、痩せるためにはアルコールNGというイメージがありますよね。

お酒の飲み過ぎで太っちゃった~、なんていう話も聞きます。

でも、それはアルコールのとり方を間違えていたのかも

ダイエット中のお酒との付き合い方について、ご紹介します♪

スポンサードリンク
 

晩酌や飲み会の前に確認を!注意点3

①梅酒や甘いカクテルを控える

梅酒、おいしいですよね♪

カシスオレンジやファジーネーブル、まるでジュースのようにグイグイいけちゃいますよね。

しかし!甘くて美味しいお酒には、糖質がたっぷり。。。

とくに、カルアミルクは一杯におよそ角砂糖20個分(!)の糖分が含まれているそうです。

なるべく、焼酎やウイスキーといった、糖質が無いお酒をチョイスしましょう。

②熱燗やお湯割りで身体をポカポカに

冷たい飲み物で身体が冷えると、代謝が悪くなり痩せにくい状態に。

とくにお酒を飲んでトイレが近くなると、身体はどんどん冷えていきます。

そうならないために、熱燗やお湯割りで温まるようにしましょう!

夜、寝る前にちょこっとだけ飲みたいときも、温かいお酒をオススメします。

③ハイカロリーなおつまみは避ける

からあげ、フライドポテト、イカリング

どれも美味しく、お酒がすすむおつまみですが、ダイエット中は違うものを食べましょう。

枝豆や冷奴、きゅうりの漬物といった、比較的カロリーの低いおつまみがベター。

スポンサードリンク
 

どんなお酒を飲めばいい?

ずばり、ダイエット中の方にオススメなのは蒸留酒

アルコールの純度が高く、糖質はほとんど含まれません。

具体的には

・焼酎

・ウイスキー

・ウォッカ

・ブランデー

などが蒸留酒です。

デメリットを挙げるとすれば、酔いやすいという点でしょうか

ビールのように勢いよく飲み続けると、お酒に強い人でも気分が悪くなってしまいます。

お湯割りにして、薄めて飲むことをオススメします。

 

一方、アルコールのほかにも糖質などが含まれる醸造酒

・ビール

・ワイン

・日本酒

などが挙げられます。

うーん、私はビールを飲みながら焼き肉を食べるのが大好きなんですが(たいていの人は好きだと思います)、ダイエット的にはかなりNGですね^^;

 

ただ、最近は糖質ゼロをうたっているビールも売られています。

「今日はどうしてもビールの気分!」というときに、飲んでみると良いかもしれません。

まとめ

・糖質を含んだものは控えめに

・あたたかいお湯割りなどで身体を冷やさない

・おつまみはローカロリーに

・お酒は蒸留酒がオススメ

ダイエットをしていても、絶対お酒を飲めないというわけではないんですね。

自宅で晩酌派の方は、自分でおつまみを作るとカロリーの調節をしやすいですよ!

ちなみに、我が家での定番おつまみは、冷奴にキムチをのせたもの。

キムチは比較的カロリーが低く、かつ代謝を上げてくれる効果があるんです。

簡単に用意できるので、ぜひ試してみてください^^

スポンサードリンク
 

オススメ記事