「最近白髪が増えてきたなぁ…」

「ちょっと忙しいから疲れで増えたのかなぁ…」

「年齢的にも仕方ないのかなぁ…」

と思う事がある方は多いのではないでしょうか?

特に白髪はお顔周りに多く出てくるので、尚更自分で気になるんですよね。

しかし、完全に理由は解明されていないものの、意外にもシャンプーが原因の可能性もあるという事で気になって調べてみました。

案外知らない人も多いのではないかな?と思ったので、

今回はシャンプーのやり方が原因で白髪が増える理由と、正しいシャンプー法について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク
 

主な白髪の原因

白髪の原因はまだハッキリとは解明されてはいないものの、一般的には以下のような6つの原因が上げられています。

1、メラニン色素不足

2、老化

3、栄養不足

4、ストレス

5、遺伝

6、過酸化水素水の蓄積

なぜシャンプーが原因に?

結論から言うと、洗いすぎによって皮脂が落ちすぎてしまうということです。

では何故皮脂が落ちすぎてしまうと白髪の原因になるのかというと、

紫外線などの外敵刺激をモロに受けてしまうからなのです。

紫外線というのはお肌に良くないことで有名なのですが、毛根にも良くないのですね。

毛根のメラニン色素を破壊するので、どんどん髪の毛を黒くする力が弱ってくるという事になります。

 

「皮脂を取り除いてスッキリさせたい」

という心理はわかるのですが、皮脂というのはお肌を守るというとても大切な役割をしてくれるもの

なので、皮脂の取り過ぎは絶対にNGということです。

じゃあシャンプーしない方がいいの?

結論から言えばそうなのですが、産まれてからずっと使ってきたシャンプーをいきなりやめるというのは、自分も周りも耐えられないでしょう^^;

もう身体が毎日シャンプーする身体に変わってしまっているわけですから。

ですので、少しずつゆっくり時間をかけて身体を慣らしていく事が一番いいと思います。

スポンサードリンク
 

具体的には?

シャンプーの洗浄力の強さを落とすことが一番理想です。

市販の安価なシャンプーは比較的刺激が強いとされています。

が、それを毎日使っていたのに、いきなり弱いものに変えるとどうなると思いますか?

当然いつも以上に汚れが残って痒み等のトラブルが出てきます。

わからずにやってしまっていた私が経験者でございます。笑

ですので、弱いシャンプーに変えていきたいのであれば、

先ずは普段使っているシャンプーAと、弱めのシャンプーBの2つを用意して、最初は1週間に1度Bを使い、徐々にBの頻度を増やしていけば、そこまで急激に痒みが出たりすることもなくなりますのでオススメです!

洗浄力の強弱なんてわからないよ~

という方は、担当の美容師さんに聞くか、後日私がアップする記事をお待ちいただいて参考にしてみて下さい^^

その他の正しい方法

1,頭皮を傷つけないという事

シャンプーの時に、ちょっと痒いからと言って爪立てて洗うなどしている方は我慢してください。

基本的には指の腹で優しく洗い、痒みがあれば、爪を立てずに力だけ強くして洗うようにして下さい。

2,すすぎをしっかりするという事

シャンプー剤は、汚れを落とすことを目的とした洗剤ですので、それが頭皮に残っていれば当然ながら荒れてきますよね。

食器用洗剤が手に残っていたら荒れるのと同じです。

しかし、充分にすすいだつもりでも、思っている以上に残っているのがシャンプーなので、自分が「オッケー」と思ったら、更にもう一度しっかり流すようにしたほうがいいと思います。

3,トリートメントを頭皮につけないという事

これは美容に詳しい人にとっては超常識なのですが、意外にも知らない人が多いという事に個人的にビックリした経験があります。

トリートメントって、思っている以上に刺激があるモノなんですよね。

シャンプーは当然頭皮を洗うので付けても良いのですが、そのシャンプーによってギシギシになった毛先を保護するためにトリートメントを使うのです。

頭皮につけたら、せっかくシャンプーで綺麗さっぱりになった毛穴を塞いでしまうという事になってしまいます。

毛穴が詰まって呼吸がし難くなっています。

ですので、これをしっかり意識していく事が大切だといえます。

まとめ

1,シャンプーで皮脂を落としすぎてしまうと、毛根が紫外線等による刺激で弱って、メラニン色素を作る力も弱くなることにより、白髪が増える原因にもなる!

2,皮脂を落としすぎないシャンプー剤にゆっくりと切り替えていく事がオススメ!

3,正しいシャンプー法を実践して頭皮も元気にする事が大切!

 

当然急に白髪がなくなることはありませんが、少しずつ毎日意識していくことで改善が見られたり、今以上に白髪が増えない用に予防することにもつながるでしょう。

スポンサードリンク
 

オススメ記事