NHKの「趣味どきっ!」でお馴染みフィジカルトレーナーの中野ジェームス修一さん。

そんな彼の下半身トレーニングがとっても効果がある!

との噂を聞きつけ…私自身も下半身にコンプレックスがあるので、気になって調べてみることに。

一体どのような方法なのでしょうか。

体幹の鍛え方や、中野さんオススメグッズなどについても書いていこうと思います。

スポンサードリンク
 

中野ジェームス修一って誰?

出典:http://www.adidas.com/jp/sports/kids/products/adifaito/interview/nakano/

テレビで拝見するまで存じ上げなかったので中野さんについて調べてみました。

テニスのクルム伊達公子選手や、卓球の福原愛選手などトップアスリートのトレーニングを手がけてきたというパーソナルトレーナーです。

アスリートだけではなく、都内を中心に一般の人々のサポートもメンタル・フィジカルの両面で行っているようです。

実際にプロのスポーツ選手に指導してらっしゃる方のパーソナルトレーニング、とても効果が現れそうな気がしますね!

その他にも、日本各地での講演も精力的に行っています。

主に得意とされる分野は、スポーツ障害予防や生活習慣病予防、歪み改善、フルマラソンサポート。

とても私が魅力的だと思ったのは、彼のトレーニングのポリシー。

「やらせる指導」ではなく「自らやってみたくなる指導」「一緒にやる指導」が出来る「フィットネスモチベーター®」でありたい。

という事です。

そんな中野さんが提唱するのは「下半身トレ(トレーニング)」です。

下半身トレはやるべき?

「下半身の筋肉が増えると太って見えるから鍛えるのはいや」

という女性も多いのですが(実際に私も過去に思っていました)

答えは「NO!」

最強腹筋女子のゆんころさんもおっしゃっていましたが、下半身には全身の半分以上の筋肉があるので、下半身を鍛えると、代謝が上がり上半身も自動的に痩せます。

ですので積極的に下半身トレーニングは行うべきでしょう。

 

中野さんが下半身トレを勧める理由としては以下の4点

・下半身が最も老化しやすいから

・下半身が衰えると太りやすくなるから

・下半身を鍛えると元気で長生き出来るから

・下半身を鍛えるとボケにくくなるから

という事です。

確かに、高齢者の下半身の悩みをもつ人は大変多いですよね。

もちろん骨の関係もあるにせよ、少しでも早くからトレーニングを始めるのが一番いい方法です。

 

セルフチェック方法も紹介されていました。

1,椅子から片足で立ち上がることができる

2,立ったまま片足で靴下がはける

出来なかった方は要注意なんだそうです。(幸い私は出来ました^^;)

今日から意識的なウォーキングをする事を強くオススメします。

下半身トレ方法

中野さんオススメの、自宅で簡単に出来る下半身トレ方法の具体的な一例をご紹介します。 

1,片足レッグエクステンション

椅子に深く座って両足を腰幅に開き、膝を90度に曲げる。

両手で座面をつかみながら、片足を床と平行になるまで上げ、ゆっくり元に戻す。

2,両足レッグエクステンション

少し筋力がある方は、1を両足一緒に行う。

この時、最初のポーズは膝を90度曲げるのではなく、もう少し深く椅子の下に折り曲げた状態にする。こうすることで動きが大きくなる。

(動画はチューブを使用していますが無くて大丈夫です)

3,クロスレッグエクステンション

出典:http://kiri-fo.net/pre/ser_exercise/027.html

さらに筋力のある方は、足をクロスして行う。

膝を深く曲げ、そのまま両足をまっすぐ床と平行になるまで上げて、ゆっくり戻す。

左右を変えて同様に行う。

上に乗せた足がウェイトの代わりになり、負荷が高まるので効果的!

(動画検索中…^^;)

スポンサードリンク
 

体幹トレーニング

中野さんは、体幹トレーニングに対して考える事はこちら。

体幹の鍛え方ブームだからといってみんなが体幹トレーニングから入るっていうのはおかしな話。

体幹を鍛えたからといって、基礎筋力、つまり人間が本来生命を維持していくのに必要な筋力や体力はつくれません

 

要するに、、、筋トレで基礎体力や筋力のベースが出来ていないとあんまり意味ないよって事ですね。

筋トレも同時進行で、体幹トレーニングもしていくという事が、一番効率的かつ、怪我の予防にも繋がるという事です。

 

「体幹トレーニングだけではお腹は凹まない」

という事だそうです^^;

体幹トレーニング方法

中野さんのおすすすめする一番簡単な体幹トレーニング方法はずばり「バランスボール」を使ったエクササイズなんだそうです。

何故かと言うと、脳が「バランスを保とう」と意識するので酸素と栄養素が血液によって脳に運ばれ、その働きを活性化するからです。

意識的に動かすことが難しい骨盤も、バランスボールの上に座れば簡単に動かすことができて、自然と鍛えられます。

椅子代わりにして、テレビを観る、デスクワーク、食事をするだけでも、自然とバランス能力が鍛えられて「ながら体幹トレーニング」になるので、忙しくて時間がないとか言う言い訳も出てこないですよね!

本の紹介

まとめ

・中野ジェームズ修一さんは、伊達公子選手や福原愛選手のトレーニングを手がけてきたパーソナルトレーナー。

・下半身を鍛えると、痩せやすくなったり長生きできたりとメリットだらけ!絶対やるべき

・自宅で簡単に鍛える方法も多数ある

・体幹を鍛えるだけではすぐには痩せないので、トレーニングと並行して体幹も鍛えるのが良い

・一番簡単な体幹の鍛え方は、バランスボールを日常的に使うこと。

気がついた今が、トレーニングの始めどきだと思います!

是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか♪

スポンサードリンク
 

オススメ記事